クナイプのスパークリングタブレットからトライアルセットが誕生!お試ししたい人にぴったり!

クナイプのスパークリングタブレットから、3種類が詰め合わせになったトライアルセットが登場しました!
今までは1個売りを買うか、同じものが6個入りになった袋のものを買うしかありませんでしたが、トライアルセットなら色々な香りを楽しめます。
商品をお試ししたい人向けの情報はもちろん、口コミやバスソルトとの違いをまとめました。

トライアルセットを購入して試してみた

スパークリングタブレットのトライアルセットを実際に購入してみました。
Amazonなどの通販サイトはもちろんのこと、ドラッグストアでも見かけました。

開封して中身を出してみると無機質な個包装でびっくり!
銀色のパッケージに香りの種類がプリントされています。インクも多用すると環境に良くなさそうだし、個人的には好印象です。1つ1つは1個売りされているものよりもパッケージがコンパクトなので、出張に持っていく時にも便利そうです。
3種類に共通しているのが、
・天然エッセンシャルオイル配合で自然な香りに癒されるところ
・スパークリングワインのような軽やかできめ細やかな泡
・アルガンオイル配合でお肌がしっとりするところ。

です。
重炭酸入浴剤で天然エッセンシャルオイル使用のものは珍しく、独自のノウハウでブレンドしたこだわりの香りが使われています。
炭酸は重炭酸イオンとしてお湯に溶け込み、24時間以上濃度が変わりません。



使い方

使い方はバスタブに1つ入れて溶かして入浴するだけでOKです。
溶けるのに多少時間がかかるので、私はお湯を張り始めて少し溜まったくらいでバスタブレットを投入しています。

グーテナハト ホップ&バレリアンの香り

バスソルトでも「よく眠れる」と大人気の「グーテナハト ホップ&バレリアンの香り」タイプ。
ぶくぶくと炭酸がしっかりと出ているのがわかるでしょうか。
バスソルト同様ブルーの色で目にも優しいです。香りはバスソルトと同じ感じです。じわじわと体を緩めながら温めてくれるので、お風呂上がりもリラックスした状態で眠りへと誘ってくれます。

バスソルトの紹介記事はこちら

オレンジ・リンデンバウム<菩提樹>の香り

こちらもお湯に入れるとぶくぶく。
とにかく温まりたい!寒い日の強い味方である「オレンジ&リンデンバウム<菩提樹>の香り」のぽかぽか力はバスソルトだけではなくスパークリングタブレットでも健在です。
柑橘の香りは元気さももたらしてくれるので、元気が欲しい時にもぴったり。とはいえ、リンデンにリラックス作用があるので夜でも気持ちがたかぶり過ぎることなく眠りにつくことができます。

バスソルトの紹介記事はこちら

ラベンダーの香り

リラックスしたい時にぴったりの「ラベンダーの香り」は寝る前にもぴったり。
クナイプのラベンダーのバスソルトは香りに似合わない黄色のようなオレンジのような色ですが、バスタブレットは紫です。
炭酸で体を緩め、香りで気持ちも緩んでぐっすり眠れるバスタブレットです。バスソルトの記事でも書いたのですが、ラベンダーは人によっては激務期や疲労時に使うと緩みすぎてドロッドロに眠気が襲ってくることもあるのでご注意を。

バスソルトの紹介記事はこちら

スパークリングタブレットとバスソルトの違い

クナイプの入浴剤はスパークリングタブレットとバスソルトがあります。
現在スパークリングタブレットで出ている香りはバスソルトにも同じものがあり、使い分け方がいまいちピンときていないという人も少なくないでしょう。
クナイプジャパンの公式Twitterによると、

・スパークリングタブレット→リラックスしながらじんわり温まりたい時
・バスソルト→とにかく身体の内側まで温めたい時

という使い分けがおすすめだそうです。
古代海塩を昔ながらの方法で精製した天然岩塩を使用しているクナイプのバスソルト、塩の温め効果は高いのでこの使い分けも納得です。





クナイプ スパークリングタブレットの口コミ

スパークリングタブレットを買った人の口コミや評判をまとめてみました。

良い口コミ

・良い香りで癒される
・気持ち良すぎてバスタブで寝落ちした
・重炭酸で疲れが取れる
・バスソルトと違って計らずにポンと入れられる手軽さがいい
・お肌が乾燥しにくいところが好き
・家族全員で気に入っている
・しっかり汗をかける
・湯上がりも湯冷めしにくく、ぽかぽか

悪い口コミ

・ちょっと香りがキツい
・色がもっと優しいといい
・コスパの面では割高

気になる疑問

クナイプ スパークリングタブレットの気になる疑問についてまとめました。
基本的には、公式ページのよくある質問を見れば大体の疑問は解決できます。

追い炊きはできる?

可能です。

残り湯は洗濯に使用できる?

衣類に色がつく可能性があるので非推奨とのことです。