沖縄の『YUKUI』のバスソルトでおうちにいながら島巡り気分になれる

沖縄出張がありまして、その際に「塩屋(まーすやー)」で自分用のお土産のバスソルトを物色してきました。

沖縄中の塩をお風呂で楽しめる5種類セット

購入したのは『YUKUI お風呂de島巡り』のバスソルトのセット。
お風呂で島巡りセット | 塩美容 | 塩屋(まーすやー)公式通販サイト

沖縄本島、宮古島、粟国島、石垣島、久米島と沖縄の島中の塩を使ったバスソルトが楽しめるセットになっています。
いずれも塩自体はもちろん、香りづけや色付けも全て天然のものを使用している優しいバスソルトなんです。

1. 沖縄本島

沖縄本島のバスソルトは、「沖縄の海水塩 青い海 焼き塩」をベースにして、クレイでほんのりピンクに色づいたバスソルトでした。香りはローズゼラニウムとラベンダーの、フローラル系の優しい香り。
クレイでほんのり色付けした程度なので、入れてもお湯に色はつかないです。バスソルトはかなりサラサラで、粒小さめの感触でした。ここは全て共通するかも。
香りは華やかだけどラベンダーが入っているので寝る前にリラックスしたい時に良い感じです。実際にめっちゃ寝ました。冷性さんには、エアコンつけた部屋に戻っても冷えないポカポカ感があっていいです。塩ってすごいな。

2. 宮古島

宮古島のバスソルトは、ちんすこうでも有名な「雪塩」を使用しています。うちに料理用に買った雪塩もあるのですが、それよりはちょっと粒が荒め。

クレイでほんのりオレンジ。本当にほんのり。
オレンジスイートとレモングラス、そしてイランイランという組み合わせの香りだったので、エキゾチックでフルーティー、まさに南国という感じでした。

3. 粟国島

粟国島のバスソルトは「粟國の塩」を使っているそう。この塩も聞いたことあります。
クレイによって黄色に染められた塩はこちらも色はほんのりでした。
香りはローズゼラニウムとユーカリ。沖縄本島のものに似ていましたが、リラックス感というよりは、清涼感がある香りでした。

4. 久米島

久米島のバスソルトは「珠美の塩」をベースにしたもの。これは初めて聞いた塩でした。
これも色付けはクレイを使用。クレイっていっぱい色があるんですね。
香りはラベンダーとローズマリーなので、嗅いだことのある安心感のある香りです。

5. 石垣島

石垣島のバスソルトだけは色んな意味で毛色が違いました。
塩は「石垣の塩」を使用。こちらは有名ですよね。

塩は淡いブルーに染められているのですが、これだけ「琉球藍」を使っています。お湯は染まらなかったけど、ほんのり綺麗。
そして香りづけはローズマリー・グレープフルーツ・バジルの組み合わせ。パッケージには「ハーブ系の香り」と書かれていましたが、全てが食べられるせいか妙に美味しそうな香りでした。特にバジルが強め。ピザが食べたくなりました。

パッケージの裏にはバスソルトの説明だけでなく、各島の特徴や魅力についても書かれているのでちょっとだけ知識が増えるのも嬉しいところ。
現地に行った際のお土産はもちろん、なかなか出かけられない日々にはお取り寄せして楽しんでもよし、ギフトにもぴったりのアイテムです。

公式サイトはこちら

YUKUI