追わせるって実は追うメンタルが必要なの、気づいてる?令和の追わせる女のススメ

ハート

「男性に追われるような魅力的な女性になりましょう」「男の人は自分から追いかけたい生き物でしょ?」
そんな意見が巷を賑わせてから一体どれくらいの時が経ったのでしょうか。

最近ネット上では「追わせる女、アリかナシか」という話題が浮上してきました。

追わせる女、男性はどう思っている?

昨今は、「男に追わせる恋愛はオワコン」「男性が草食化しているんだから、自分から連絡しないしアプローチもしない、いわゆる追わせる女はそりゃ恋愛進まないよ」との声が聞こえてくる、いやむしろそのようなことを声高に叫んでいる恋愛アカウントも増えてきました。特に男性の恋愛アカウントはこのような意見の人がグッと増えたように感じます。
その一方で、「追われたって好みの女じゃなきゃ意味ない」という声や「追いたくなるような女性に出会って沼に落ちたい」みたいなことを言っている男性も見受けられます。女性からしたら、もう何が正解なのかわかりません。

男性は、ただただ受動的な女に魅力を感じない

ただ、これらの意見から読み取れることが一つだけあります。
それは、

「男性は、ただただ受動的な女には魅力を感じない」

という点です。

「好きな人にアプローチされて付き合いたいから、連絡はこっちからはしない。待ってるの。」
「自分から付き合ってなんて言いたくない。彼は気持ちに気付いていると思うし、タイミングが来たら言ってくれると思う。」
「私の王子様はきっと向こうからアプローチしてくれるはず!」

と頭の中がお花畑を通り越して、炊き立てのご飯かよと突っ込みたくなるほど頭がホカホカしている乙女達よ、あなた達のようなただただ受動的な女性は何も掴めません。ましてやそこら辺にいるレベルの普通の女性なら尚のこと。
受動的な態度で恋愛や結婚を享受できるのは、モデルや女優級の美女でしかも若い人に限る、くらいの認識でいてください。我々普通の女性は、まず受動的ではいい男は掴めません。

受動的な女は、下手をすると相手の男性に認識すらされていません。自分の存在をアピールもせず、相手にとってなんの引っかかりもないのなら、その存在は空気と一緒です。名前くらいは知られてると思う?よく目が合う気がするから、ちょっと可愛いと思ってくれてる気がする?それ、全部あなたの主観と妄想です。「〜してくれるはず」や「〜だと思う」は事実ではなくてあなたの脳内の希望を言語化しただけなので、相手が本当にそう思っているかというと疑問符しかつきません。

同時に、「自発的に知ってもらう努力をしない」「自発的に仲良くなる努力をしない」というのは、リスクを全く背負わず、自己開示もしていません。そして、彼と仲良くなりたいのは「女性側の自分の欲」なのに、それに対する努力のコストを自分で払おうともしていません。何でもかんでも面倒やエネルギーを使うことを異性側に丸投げしてきそうな相手に、あなたは魅力を感じますか?女性だって男性にそんな風にされたら嫌ですよね。人は、余計な重荷を背負わせてきそうな相手を避けます。そのため、ただただ受動的な女性は、相手に認知されていてもパートナー候補からは外れてしまうのです。

ただ闇雲に自分から追う女は価値が低そうに見える

かといって、自分からただ闇雲に落としたい男を追う女がいいのかと言われたら、それも甚だ疑問です。

ただ自分から闇雲に連絡したり、好き好きアピールをしまくる女性は「どうせ俺のこと好きだから雑に扱っても大丈夫な女」「いつでも簡単に手に入る感じがする=価値の低い女性っぽい」と相手に思わせてしまい、せっかくのチャンスを逃してしまうことがあるんです。そのため、自分から追うにしても戦略が必要になります。

ストライクゾーン外だと……

その前に、大前提として「自分から追ったところで、自分が相手のストライクゾーンからはみ出ていたら何をしてもダメ」ということは肝に銘じておく必要があります。
男性は、女性よりはストライクゾーンが広いとは言われていますが、私は交際相手や結婚相手となった場合にはそうとは限らないと感じています。何回アプローチしても避けられる場合には、あなたの存在は相手の恋人候補・妻候補として刺さっていません。この事実を受け入れるのは本当に辛いですよね。ですが、時間の無駄は少しでも少ないほうが良いので、早々に撤退して傷を癒やし、次に行くために体制を整えるのが吉です。

じゃぁどうやって恋愛を進めていけばいいの?

じゃぁどうしたらいいの!追っても待ってもダメじゃん!手詰まり!と思ってしまいますよね。

私が思うのは、

「追うように攻めのマインドを持ち、相手に自分を追いかけさせろ」

こういう「追わせる」ができればいいのでは、ということ。

根本的に、「追われる恋愛」と「追わせる恋愛」は全然違います。
「追われる恋愛」はどちらかと言えば受け身の姿勢であり、「追わせる恋愛」は自分から相手をある種挑発しているので、発端は自分であり、能動的な姿勢がそこには見えます。
「追わせる」というのは、わかりやすく餌置いたり、わかりやすく喜びまくったり、わかりやすく「断りませんよ」を見せ、でもひらりと相手をかわしたりする、ある意味ものすごく攻めた行為なんです。

追わせる恋愛をする女性というのは、「自分が能動的に恋愛を進める覚悟とマインドを持った上で、相手に「自分を追わせるゲーム」を仕掛ける」ということができている女性です。何かを仕掛けるというのは、攻めの精神がないとできません。 加えて、ただ自分からアプローチしたのでは「追いかけたい願望」を持っている人がまだまだ少なくない男性に対しては刺さらないこともあるため、「追わせる」というゲームを仕掛けているんです。

受け身の人の「追わせる」が成功しないのはまずメンタルの置き方が全く違います。受け身な人は、餌も置かないし、自分の存在もアピールしない。尻尾も振らない。人は空気を追いかけるという発想がありません。空気同然のあなたは、空気と同じ扱いをされるのです。
対して、「能動的に追わせる」人は、好きバレ上等で自分の存在をアピールし、尻尾を振流。かわいい鳴き声を出すかもしれない。でも自分から飛びつきはせず、ひらりと一歩下がったりする。まるで道端で見つけた猫を不意に追いかけ続けてしまう、そんな行動を引き出すのが「能動的に追わせる」人なのです。

ゲームを仕掛けて攻めの姿勢の追わせる女になれ

自分から仕掛けられる女性は、恋愛市場において強いです。
「追いたくなるような女性に出会って沼に落ちたい」というハイスペの願望も叶えることができるし、相手が草食の場合には、「追わせてダメならこっちから追ってみて、逃げなければ捕まえてしまえ!」という選択も可能になるわけです。受け身の場合には、待つしかできない。自分から仕掛けられる女性は、選択肢も増えるわ恋愛が成就する可能性も格段に上がるわでいいこと尽くしです。

これは私の経験談なのですが、「この人別に私の顔、ナシではないけどどストライクではないんだろうな」って人でも、追わせるように仕向けたらゲームに乗ってきて全然追ってくることはあります。好みど真ん中じゃなさそうだからと諦めるのではなく、攻めの姿勢で「追わせる」ように仕向けた場合にはこういったことも起こります。うん、やっぱり自分から仕掛けられた方が、可能性を広げることができますね。

というわけで、追う追われる論争はまだまだ続くのでしょうが、令和の賢女の恋愛は「能動的に仕向けて追わせる」こと!待っちゃダメだよ!

追う女にぴったりのマッチングアプリなら『ユーブライド』

『ユーブライド』は女性も課金して使うケースが多いので、積極的な女性が多いと言われています。
「女から追ったら引かれるのでは?」と普通の恋愛では思ってしまうかもしれませんが、『ユーブライド』は皆が積極的なので男性が驚いて引いたりしません。逆に、「自分が奥手だから積極的にメッセージで話題を振ってくれたり、行きたいお店を提案してくれる女性が嬉しい」という男性も少なくありません。
結婚向きの真面目で実直、誠実な男性がたくさんいるので、自分から仕掛けられるようになった女性にぜひ利用して欲しいマッチングアプリです。

いきなり自分から攻めるのは難しい!という人には、『ペアーズ』もおすすめです。

日本最大級のマッチングアプリ『ペアーズ』なら、恋したい人も婚活したい人もたくさんの出会いがあります。
まずは自分から好みの人を見つけて「いいね!」を押してみるところから始めましょう。
会員数が多いので、いろんな人で自分なりの攻め方を研究しつつ、運命の人を見つけましょう。