乾燥肌が改善した『インフィニティ コンセントレート ローション&エマルジョン Ⅲ(特濃)』でモチモチ肌に

乾燥肌、かゆくなるし辛い。乾燥していると見た目もなんだか内側から滲み出るツヤやハリがなくなったように見えるし、鏡の前でしょんぼりしてしまうこともあるのではないでしょうか。そんなあなたにぜひ使って欲しいのがコーセー『インフィニティ コンセントレート ローション&エマルジョン』の特濃タイプ。今季化粧水と乳液を使い続けてみたら、乾燥にとても強くて救われました。

コーセー インフィニティとは

コンセプトは「美しさを司る“肌の五感”を究める」
肌五感とは、「立体感」「色感」「弾力感」「質感」「光沢感」。これらを最新科学や厳選素材で極めていく製品を展開しています。
インフィニティのスキンケアラインは
・ハリを支えるエイジングケア「インフィニティ」
・うるおいを与え、角層の能力を底上げする「インフィニティ モイスチュア コンセントレート」
・シミの根を絶やし輝くようなハリと透明感を与えながら美白ケア「インフィニティ アドバンスト ホワイト」
・ハリまで与えるシワ改善ケア「インフィニティ インテンシブ リンクル」
この4つで構成されています。

乾燥肌に特濃処方が頼もしい化粧水&乳液

今回使ってみたのは基本の「インフィニティ」の化粧品と乳液です。
『インフィニティ コンセントレート』のローションとエマルジョンはそれぞれⅠ(しっとり)・Ⅱ(とてもしっとり)Ⅲ(特濃)の3種類がラインナップ。自分の乾燥肌具合や季節の肌の状態によって選ぶことができるようになっています。
私は冬の期間乾燥がとにかく気になっていたのでⅢの特濃を選択したのですが、これが大正解。初めて使って眠って朝起きて肌を触ったら「何これ!空気が乾燥しているはずなのに朝まで肌がもっちもち!すごい!」と一人大興奮。
冬の期間、加湿器をつけて眠っても肌の乾燥が止まらず、バームやワセリンをスキンケアの最後に重ね塗りしていたくらいだったんです。でもこの2つを夜のスキンケアに使うようになってからはその必要なし。昼間は主にすっぴんや日焼け止めしか塗らない日に使用。メイク前に塗るには少し重たいので、肌の調子やその日の環境と相談しながら使っています。屋外に長くいるような日は確実に乾燥するのでしっかりこの化粧水と乳液を仕込んでからメイクすると、ビル風にも潤いを持っていかれません。
コンセプトにもあるエイジングケアの面ですが、乾燥しないことによってハリがしっかり保たれるようになったのでエイジングにも良いと感じました。乾燥するとくすむし、肌の元気がなくなったように見えちゃうので、見た目の観点でも乾燥は防いでなんぼです。

『インフィニティ コンセントレート ローション&エマルジョンⅢ』の使い方

『インフィニティ コンセントレート ローション&エマルジョンⅢ』の使い方は、クレンジングや洗顔をした後にお肌にしっかりと浸透させるように塗ります。
ローションは手のひらもしくはコットンに手に取り、パッティングしたりお肌にじっくり染み込ませるようにして肌になじませます。
製品パッケージには使用料は3〜4プッシュと書かれていますが、特濃タイプのためか私は2プッシュほどで「もう化粧水が入らない!」というところまでお肌が満たされた感じになりました。私の使い方は、1プッシュずつ手に取って軽く手のひらで温めてから、じんわり染み込ませるようになじませています。
乳液の方は化粧水のあとに手のひらまたはコットンに取って、お肌に優しくなじませていきます。こちらも製品には2〜3プッシュとありますが、私は1プッシュで十分。顔全体に優しく広げ、手のひら全体で顔を包んでパックするように優しく押し込んでいくようにして使っています。

乾燥といえば冬がやはりつらいですが、夏は夏でエアコンで乾燥、紫外線でダメージをくらってまた乾燥とお肌は常に乾燥の危機にさらされています。乾燥に負けそうになったらぜひコーセーの『インフィニティ』をお手入れのラインナップに追加してみてください。

ローションはこちら

乳液はこちら

実は「インフィニティ アドバンスト ホワイト」の乳液も使ったことがあります。こちらも良かった。

コーセーは雪肌精も好き。お得用の化粧水も常備して使い分けたりしています。